パート看護師から常勤看護師への切り替え

パート看護師から常勤看護師への切り替え

看護師は、子供が小さいうちは、子育てを優先する事ができるパートで働き、子供が成長した際に、
常勤に変更する、という方が多いですよね。
私も、同じく、パートから常勤へ切り替えました。

元々は外来でパートで働いていたんですが、子供に手がかからなくなったのを機に、同じ職場内の病棟へ異動をしました。
私の子供は小学生で、学童に通っています。

私は常勤に切り替えましたが、日勤常勤なので、パートをしていた頃と、生活パターンはあまり変わりませんね。
ただ、土日に休みを貰っていますが、平日は毎日日勤なので疲れます。
それに、平日にしかできない、銀行や役所などの用事ができないので、夜勤があったほうがいいのかな、と考える事もあります。

私が日勤常勤を選んだのは、自分が子供だった頃の経験からなんです。
私の母も看護師をしているんですが、母が夜勤で家にいなかった時にはとても寂しく感じていました。
子供にはそのような思いをさせたくないなと思い、選択しました。
子供に手がかからなくなったと言っても、まだ小学生なので、もう少し成長するまでは、家庭を優先させようかなと思っています。

パートと常勤の大きな違いは給料面ですね。
常勤になった事で給料が上がりましたし、ボーナスも上がったんです。
いろいろな手当も付くようになり、有給の日数も増えました。

今のところは、日勤常勤で働いていますが、将来は夜勤もこなす常勤の看護師で働くつもりでいます。
子供が成長する事によって、これからいろいろ出費も増えますよね。
夜勤をこなすようになれば、手当がつきますから、給料も上がります。
夜勤をする事により、平日の日中にゆっくり出来る時間を作る事もできますから、プライベートを充実させる事もできると思います。

2015年10月 6日|