ルプルプ,安全性,副作用,白髪染め,危険性,成分

ルプルプ白髪染めの副作用はなし

ルプルプ白髪染めは、自然派の白髪染めなので副作用がないのが特徴です。

 

頭皮についてもかゆみはなく、ルプルプヘアカラートリートメントは、成分に危険性はないので肌が弱い人も安心です。

 

副作用について心配な方も今なら初回お試し価格で始めることができます。

 

万一、副作用がでたら、全額返金されるのでご安心ください。

 

ルプルプの臭いはエッセンシャルオイルの香り

ルプルプ公式サイトはこちら

 

ルプルプには、ラベンダー油、オレンジ油、ローズマリー油を贅沢に配合されています。

 

ツンとした刺激臭のある酸化染毛剤や、合成の香料は一切使用しておりません。天然精油によるさわやかな香りを使用しています(ラベンダー・ローズマリー・オレンジ)。

 

引用元:公式サイト

 

 

生理中や妊娠中の方は、通常気にならないような臭いに敏感になってしまうことがあります。

 

また、体質が変わることによって、良い匂いを悪い匂いと感じてしまうこともあります。

 

その場合は、一時的に利用を中止してください。

 

ルプルプで抜け毛が増えることはありません

ルプルプは無添加なので、頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうことはありません。

 

市販の白髪染めや美容院の毛染めは、白髪を黒くする代わりに副作用で、はげてしまったり、薄毛になることはありません。

 

ルプルプで頭痛になることはありません

ルプルプの原材料は、無添加ですので、頭痛になることはありません。

 

まれにルプルプに配合されているアロマオイルの匂いの副作用で頭痛が起きる人がいます。

 

ひどい場合は、強い頭痛で吐き気がおきる人もいます。

 

頭痛の対処法は、使用をやめることです。

 

ルプルプは地肌についても大丈夫です

ルプルプ白髪染めが頭皮についてもかぶれたり、肌荒れでかゆくなることは無添加なのでほとんどありません。

 

地肌に染まらないように気を付けていても、白髪トリートメントが1適もつかないなんてことはないでしょう。

 

それだったら、頭皮についても問題ない白髪染めトリートメントの方がいいですよね。

 

無添加であっても、成分が合わない人も当然いますので、異変を感じたら、すぐに中止をしてください。

 

肌に優しい成分を使用しておりますが、まれに、植物性の染料や合成染料などに反応される方もいらっしゃいます。

そのまま使用を続けますと症状を悪化させる可能性がますので、ご使用をお控えいただき、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

 

引用元:公式サイト

 

ルプルプはすべての商品でパッチテストを行っています。

LPLPはすべての商品でアレルギーテスト・パッチテストを行っております。しかし、すべての方に皮膚刺激が起きないわけではありません。アレルギー体質の方、肌が敏感な方はご使用前にパッチテストを実施いただくことをおすすめいたします。

 

引用元:公式サイト

 

かぶれたり、かゆみの人はごくわずかですが、万一症状が出た方は利用を注視してください。

 

ルプルプではアレルギー体質の方もご利用できます

ルプルプ公式サイトはこちら
ルプルプには、白髪染めの成分でとくにアレルギー体質の方に反応しやすいジアミンが入っていません。

 

ジアミンという化学物質は、かぶれたり、かゆみが出たりしますが、ルプルプには入っていませんのでご安心ください。

 

ルプルプでは、アレルギーのパッチテストを徹底していますので、安全性には自信があります。

 

ルプルプで甲状腺の病気になると言われている理由

ヨウ素は、甲状腺ホルモンを作るために必要な一方、毎日多くの昆布を食べ続けるなど過剰に摂ると、甲状腺ホルモンが作られなくなり甲状腺機能低下症となることがあります。昆布を毎日摂取することは、ヨウ素過剰になります。この場合はヨウ素の摂りすぎを止めると自然に回復します。

 

引用元:伊藤病院

 

ルプルプは、ガゴメ昆布を原材料としているので、昆布に含まれるヨウ素が甲状腺に与える影響を心配されていますが、全く問題ありません。

 

ルプルプWフコイダン(ガゴメ昆布由来)に含まれるヨードは、検出限界以下でございます。

 

引用元:公式サイト

 

白髪トリートメントから体内に入るヨウ素は微量ですので、過剰摂取にはなりえません。

 

ルプルプに配合されているカゴメ昆布の摂取による副作用は心配いりませんので、ご安心ください。

 

ルプルプ白髪染めはアトピーの方にも安全

ルプルプは無添加で、パッチテストも繰り返し行っているので、アトピー性皮膚炎にも反応しにくい白髪染めです。

 

肌が弱すぎ人や敏感肌の人にも頭皮のかゆみがでにくい安全な白髪染めになっています。

 

 

ルプルプ公式サイトへ

 

ルプルプはダメージ0白髪染めなので安心です

ルプルプ公式サイトはこちら

 

ルプルプはダメージ0の白髪染めなので安心です。

 

ルプルプは授乳中でも無添加なので安心

ルプルプは授乳中でも無添加なので安心ですが、出産して体質が変わる方がいますので、医師にご相談ください。

 

具体的には、肌荒れに強かった方が出産後に肌荒れしやすくなる方がまれにいます。

 

ルプルプは生理中でも利用可能です

ルプルプは生理中でも無添加なので安心ですが、生理中のホルモンバランスの変化で、まれに影響が出る方がいます。

 

生理はずっと続くわけではないので、生理が終わってからご利用ください。

 

ルプルプは妊娠中でも使用可能

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、お肌がデリケートになりがちです。念のためご使用前に主治医にご相談ください。

 

引用元:公式サイト

 

妊婦はホルモンバランスが不安定になると肌荒れがひどくなったり、ルプルプ白髪染めによって肌が敏感になったりする方がいますので注意が必要です。

 

ただし、無添加なので、胎児に悪影響を与える可能性は低いので妊娠中もそのまま継続して使っても大丈夫です。

 

ルプルプのPH値は8.0

 

ルプルプ白髪染めのph値8.0の弱アルカリ性ですから肌のダメージが少ないです。

 

ルプルプ公式サイトへ

ルプルプで汚れしまったときの対処法

ルプルプ公式サイトはこちら

 

ルプルプはトリートメントタイプの白髪染めなので、シャンプー後にお風呂で使用する事が多いと思います。

 

その際の、ルプルプ白髪染めの汚れの対処法は、水で濡らしておくと防ぐ事ができます。

 

ご使用になる際は、お風呂場や洗面台を濡らしてからご使用ください。万が一、色素が落ちにくい場合は、アルカリ性洗剤などで落ちる場合があります。

 

引用元:公式サイト

 

浴槽や鏡の汚れは、比較的つるつるしている場所なので、問題ありません。

 

問題は、お風呂の床のタイルのようなザラザラしているところです。

 

ルプルプ白髪染めの手が汚れて落ちないとき

 

手に付いても石鹸で洗い流せますが、

・時間が立ってしまった場合
・乾いた手で使用した場合
・手が荒れている場合
上記のような場合は落ちにくくなりますので、必ず濡れた手でお使いください。気になる場合は手袋やコーム等をご使用いただくことをおすすめします。
※爪に付いた場合、落ちにくいことがございます。

 

引用元:公式サイト

 

 

どうしても素手が触るのが嫌なの時は、ビニールの手袋を使ってください。

 

手袋は使い捨てタイプがおすすめです。

 

ルプルプ白髪染めが服についてしまったとき

 

ルプルプ白髪染めが服についてしまったときは、大量の水と洗剤でもみ洗いをしてください。

 

いきなり洗濯機に入れすに、ある程度の下洗いが必要です。

 

もし、心配な方は、お風呂場で通常の使い方をすることをおすすめします。

 

ルプルプがタオルに色移りしてしまう原因

すすぎが不十分な場合、汗や雨などで色落ちし、衣類・タオル・枕カバーなどにつくことがあります。すすぎの際は、すすいだお湯に色がなくなるまで、しっかりすすいでください。

 

公式サイト


また、ドライヤーを使ってしっかり乾かすことも色移りを防ぎ、白髪染めの色持ちを長くする方法の1つです。

 

ルプルプ公式サイトへ

ルプルプは無添加の白髪染めトリートメントです。

ルプルプ公式サイトはこちら
ルプルプは、無添加なので酸化染料や化学成分がなくアレルギー成分も入っていません。

 

ルプルプは2017年12月4日以降にリニューアルされましたが、無添加は変わっていませんのでご安心ください。

 

敏感肌の人もルプルプ白髪染めなら安心

LPLPはすべての商品でアレルギーテスト・パッチテストを行っております。しかし、すべての方に皮膚刺激が起きないわけではありません。アレルギー体質の方、肌が敏感な方はご使用前にパッチテストを実施いただくことをおすすめいたします。

 

公式サイト


ルプルプには、敏感肌の人に影響する可能性があるジアミンが入っていません。

 

ジアミンアレルギーの人もルプルプ白髪染めトリートメントの成分にはジアミンがないので安全性が高いです。

 

ルプルプはノンシリコンだから安全でおすすめ

 

シリコン入りのトリートメントは、髪の表面をコーティングして紫外線などの外部からのダメージを防ぐことができます。

 

しかし、コーティングでつるつるにして今う分、白髪染めが染まりにくく、染まっても色落ちしやすい状態になります。

 

白髪トリートメントのように表面に色を付着させるタイプのものはシリコンのデメリットが大きいです。

 

ルプルプは飲んジアミンだから安全

 

ジアミンアレルギーは、最初は大丈夫な人も何度もジアミン入りの白髪染を使っているうちに発症する人もいます。

 

ジアミンは、化学染料の事で、少ない量で濃い色を作り出すことができるので、効率を考えると危険性がわかっていても禁止にはならないのが現状です。

 

ルプルプ白髪染めは、自然由来の染料を使っているので、安心です。

 

ルプルプの使用期限

未開封のものは、製造後3年間は安心してお使いいただけます。

3年以上を経過すると、希望通りの発色が得られない可能性がありますが、からだに害はありません。また、開封したものは、お客様の保存状態によって異なるため、半年を目安になるべく早くご使用ください。

 

公式サイト


ルプルプは無添加ではありますが、食べ物ではないのでそれなりの期間が使用可能です。

 

ルプルプは無添加なので毒性はありません

ルプルプは無添加なので、毒性はありません。

 

発がん物質と言われれてるジアミンは入っていませんし、アレルギー反応を起こすような成分もありませんので、安全性が高い白髪染めです。

 

その他にも無鉱物油、タール系色素はいっさい入っていませんので、安心してご利用ください。

 

ルプルプ公式サイトへ

ルプルプの色落ちや色移りの対処法

ルプルプが汗で色落ちしてしまったり、衣服などに色移りして今うことがあります。

 

すすぎが不十分ですと汗によって色落ちする場合がございます。すすぎは十分に行ってください。また、大量に汗をかいた場合は色落ちする可能性がありますので、ご注意ください。

 

すすぎが不十分な場合、汗や雨などで色落ちし、衣類・タオル・枕カバーなどにつくことがあります。すすぎの際は、すすいだお湯に色がなくなるまで、しっかりすすいでください。

 

引用元:公式サイト

 

このように色落ちや色移りは、すすぎが不十分でないことがほとんどです。

 

ルプルプが色落ちや色移りがしやすいわけではありません。

 

ルプルプ白髪染めで髪の毛が緑になる理由

ルプルプ白髪染めで、髪の毛が緑になる人がいますが、美容院でのヘアカラーやストレートパーマと併用したことによって起きます。

 

美容院と併用する場合の髪の毛が緑や青にならない対処法としては、先に美容院でのヘアカラーやパーマを済ませてから白髪染めをする事です。

 

美容院でのヘアカラーで色を混ぜた場合やパーマは、髪の内部に働きかけるので、先に白髪トリートメントのような髪の外側に付着するものは後からが良いです。

 

美容室でのパーマやヘアカラーは、施術前後1週間程度あけていただくことをおすすめしています。美容室での施術内容によっても異なりますが、変色などの可能性があります。

 

引用元:公式サイト

 

また、美容師さんが施術してくれた場合は、1週間以上開けると髪が落ち着いているので、白髪染めが本来の色を発揮することができます。

 

ルプルプ白髪染めで赤くなる場合の対処法

ルプルプ公式サイトはこちら
ルプルプ白髪染めは、色によって赤みを感じてしまう場合があります。

 

その場合は、もう少しトーンを落とすものに変更すると良いです。

 

日本人の髪の毛はもともと赤みがかかった髪の毛なので、白髪染めの色で調整するしかありません。

 

茶髪もいろいろな色があるのでお好みのものを選んでくださいね。

 

ルプルプ公式サイトへ

page top